検索
  • Mayu Dupont

サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金


[IT導入支援事業費補助金制度の目的]

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていくことが目的


備考:補助金を受給するには、認定情報処理支援機関を介して、ITツールの導入、補助金申請のサポートを受ける必要がある。

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2018/180709supporter.htm


[IT導入の対象]

一 顧客対応・販売支援 二 決済・債権債務・資金回収管理 三 調達・供給・在庫・物流 四 業種固有プロセス 五 会計・財務・資産・経営 六 総務・人事・給与・労務・教育訓


[補助対象者]

対象者は、業種毎に設定されている。

https://www.it-hojo.jp/overview/


[補助率及び補助額]

補助率1/2以下

A類型30万~150万円未満

B類型150万~450万円


[申請手順]

リンク先をご参照ください。

https://www.it-hojo.jp/procedure/


[詳細]

IT導入補助金2020 公募要領 通常枠(A・B類型)
.pdf
PDF • 5.44MB



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月次支援金

[対象] 「緊急事態措置」や「まん延防止等重点措置」により、 ・休業や営業時間短縮をしている飲食店 ・中小法人と個人事業者 2021年の月間売上が、2019/2020年の同月の月間売上と比較したさいに50%以上減少している事業者。 〈注意〉地方公共団体から協力金を支給されている(都府県などの協力金など)場合は対象外 [時期] ・6月より申請開始 [支援額] 2019/2020年の同月月間売上と20

4月及び5月の緊急事態宣言・まん延防止に係る一時支援金

[首相官邸 政策会議] 新型コロナウイルス感染症対策本部 第62回 2021年4月23日 配布資料より抜粋 (一時支援金に係る討議内容) 影響を受ける方々の支援策も決定いたしました。資金繰りについて、大きな影響が出ている飲食、宿泊に加え、今回の対象となる小売や文化関係などについても、返済猶予や新規融資を積極的に行うよう、関係省庁から速やかに徹底をお願いします。また、飲食店や休業要請に応じた大規模施

一時支援金 事前確認に係る必要書類

① 本人確認書類※¹ /履歴事項全部証明書(中小法人等のみ) ② 収受日付印の付いた2019年1月~3月及び2020年1月~3月までをその期間に含む全て の確定申告書の控え※² ③ 2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)※⁴ ④ 2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳 ⑤ 代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」 ※¹ 次の書類等