検索
  • Mayu Dupont

中小企業デジタル化応援隊


中小企業・小規模事業者のデジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を 「中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援する取り組みです。

【対象となる業務例】 
・デジタル化課題の分析・把握・検討​
・IT導入に向けた支援
 (例:テレワーク、Web会議、ECサイト、キャッシュレス決済、セキュリティ   
  等)      
 ※幅広いデジタル化関連のコンサルティングが対象​
 ※デジタル関連コンサルティング等をはじめとした準委任契約に基づく支援が対  
    象(コンテンツ制作やデザイン等の請負契約については、本事業の対象外)

【相関図】 

【補助額】

IT専門家に対して、最大3,500円/時間(税込)の謝金が事務局から支払われるため 中小企業は通常の時間単価から上記金額( 最大3,500円/時間(税込) )を差し引いた金額でデジタル化推進のための支援を受けることができます。※ IT専門家の時間単価は、中小企業とIT専門家の契約により決定されます。

中小企業の実費負担が最低500円/時間(税込)以上あることが謝金支払の要件になっています。


【受付期間】

2020年9月1日(火)〜2021年1月31日(日)

(支援事業実施期間 2020年9月1日(火)〜2021年2月28日(日))


【IT専門家の範囲】

・個人として本事業への参加を希望するフリーランス・副業・兼業の方

・中小企業等経営強化法に定められた 認定情報処理支援機関(SMEサポーター) とし ての認定を受けた法人に所属する方であること。 (なお、認定情報処理機関が自社に所属する者にIT専門家として活動させる場合は、 予め事務局が指定する様式に基づき、本事業に参画する認定情報処理機関として を行うものとする。)


【確認事項】

handbook_supporter
.pdf
PDF • 9.68MB
reward_travel_regulations
.pdf
PDF • 779KB




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月次支援金

[対象] 「緊急事態措置」や「まん延防止等重点措置」により、 ・休業や営業時間短縮をしている飲食店 ・中小法人と個人事業者 2021年の月間売上が、2019/2020年の同月の月間売上と比較したさいに50%以上減少している事業者。 〈注意〉地方公共団体から協力金を支給されている(都府県などの協力金など)場合は対象外 [時期] ・6月より申請開始 [支援額] 2019/2020年の同月月間売上と20

4月及び5月の緊急事態宣言・まん延防止に係る一時支援金

[首相官邸 政策会議] 新型コロナウイルス感染症対策本部 第62回 2021年4月23日 配布資料より抜粋 (一時支援金に係る討議内容) 影響を受ける方々の支援策も決定いたしました。資金繰りについて、大きな影響が出ている飲食、宿泊に加え、今回の対象となる小売や文化関係などについても、返済猶予や新規融資を積極的に行うよう、関係省庁から速やかに徹底をお願いします。また、飲食店や休業要請に応じた大規模施

一時支援金 事前確認に係る必要書類

① 本人確認書類※¹ /履歴事項全部証明書(中小法人等のみ) ② 収受日付印の付いた2019年1月~3月及び2020年1月~3月までをその期間に含む全て の確定申告書の控え※² ③ 2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)※⁴ ④ 2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳 ⑤ 代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」 ※¹ 次の書類等