検索
  • Mayu Dupont

事業復活支援金

表題の件、恐らく、1月31日の週より事業復活支援金の受付が開始されます。

概要は、以下の通りです

・対象者:新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者

・要件:2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、

2018年11月~2021年3月までの間の 任意の同じ月の売上高と比較して

50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者

・給付額:基準期間の売上高* ー 対象月の売上高×5

     *「2018年11月~2019年3月」、「2019年11月~2020年3月」、

      「2020年11月~2021年3月」のいずれかの期間

・給付上限額

      個人事業主   売上1億以下法人  売上1~5億法人  売上5億以上法人

▲50%以上    50万円       100万円      150万円      250万円 ▲30%~50%未満 30 60 90 150


[注意]

事前確認はありますが、 一時支援金又は月次支援金の既受給者は、不要です。

以上となりますが、詳細につきましてはリンク先をご確認下さい。

★制度概要について:https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf


事業復活支援金計算シート
.xlsx
Download XLSX • 15KB

池田慎也行政書士事務所

池田

       

閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

小規模事業者持続化補助金は、給付対象経費が幅広く、利用しやすい制度です。 作成すべき申請書類も事業再構築補助金やものづくり補助金などと比較すると、負荷が少なく申請ができます。第8回より給付額も最高で200万円迄引き上げられています。 事業資金の負荷軽減の為、是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 <公募スケジュール> 令和4年3月22日(火)公募開始 第8回締切:令和4年6月3日(金) ■

遵守を宣言した内容 池田慎也行政書士事務所 仲介契約・FA 契約の締結について、業務形態の実態に合致した仲介契約あるいは FA 契約を 締結し、契約締結前に依頼者に対し仲介契約・FA 契約に係る重要な事項について明確な説明を 行い、依頼者の納得を得ます。 特に以下の点は重要な点ですので説明します。 (1)譲り渡し側・譲り受け側の両当事者と契約を締結し双方に助言する仲介者、一方当事者 のみと契約を締