検索
  • Mayu Dupont

求職者支援制度/職業訓練受講給付金

1. 求職者支援制度*

(1)制度の概要

求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を実現するために、国が支援する制度。

無料で職業訓練を受講することができ、一定の要件を満たす場合には、訓練期間中、職業訓練受講給付金(2.を参照)**の受給ができる。


(2)ポイント

①無料の職業訓練(求職者支援訓練)

②一定の支給要件を満たす場合、職業訓練の受講を容易にするための給付金(職業訓練受講給付金)を受給することができる。

③就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度


*雇用保険の適用がなかった方、加入期間が足りず雇用保険の給付を受けられなかった方、雇用保険の受給が終了した方、学卒未就職者や自営廃業者の方等


**2. 職業訓練受講給付金

(1)制度の概要

職業訓練受講給付金は、雇用保険を受給できない求職者の方(受給を終了した方を含む)が、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の生活を支援するための給付を受けることができる制度


(2)申請先

原則として住所地を管轄するハローワークです。


(3)制度の適応要件

次のすべての要件を満たす「特定求職者」 ①ハローワークに求職の申込みをしていること ②雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと ③労働の意思と能力があること ④職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと 例えば、●雇用保険に加入できなかった

       ●雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、

支給終了した

●雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない

●自営業を廃業した

●就職が決まらないまま学校を卒業した などの場合が該当します。

(4)制度の適応対象とならないケース ①在職中(週所定労働時間が20時間以上)の方

②短時間就労や短期就労のみを希望される方 ③単なる特定求職者。「職業訓練受講給付金」の支給要件を満たす必要がある。 

  また、特定求職者が後に雇用保険被保険者、雇用保険受給者となるなど、

  上記要件を満たさなくなった場合。

【備考】

特定求職者: 就職困難者(身体障害者、知的障害者、精神障害者)、母子家庭の母や父子家庭の父、高齢者、キャリア形成が不十分な就職氷河期世代など、特定の事由により就職が困難な求職者

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月次支援金

[対象] 「緊急事態措置」や「まん延防止等重点措置」により、 ・休業や営業時間短縮をしている飲食店 ・中小法人と個人事業者 2021年の月間売上が、2019/2020年の同月の月間売上と比較したさいに50%以上減少している事業者。 〈注意〉地方公共団体から協力金を支給されている(都府県などの協力金など)場合は対象外 [時期] ・6月より申請開始 [支援額] 2019/2020年の同月月間売上と20

4月及び5月の緊急事態宣言・まん延防止に係る一時支援金

[首相官邸 政策会議] 新型コロナウイルス感染症対策本部 第62回 2021年4月23日 配布資料より抜粋 (一時支援金に係る討議内容) 影響を受ける方々の支援策も決定いたしました。資金繰りについて、大きな影響が出ている飲食、宿泊に加え、今回の対象となる小売や文化関係などについても、返済猶予や新規融資を積極的に行うよう、関係省庁から速やかに徹底をお願いします。また、飲食店や休業要請に応じた大規模施

一時支援金 事前確認に係る必要書類

① 本人確認書類※¹ /履歴事項全部証明書(中小法人等のみ) ② 収受日付印の付いた2019年1月~3月及び2020年1月~3月までをその期間に含む全て の確定申告書の控え※² ③ 2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)※⁴ ④ 2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳 ⑤ 代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」 ※¹ 次の書類等