top of page
検索
  • 執筆者の写真Mayu Dupont

製造委託契約書

【製造委託契約書とは】

製造委託契約とは、一般的に委託者が製品の材料やノウハウ(製造方法等)を受託者に提供し、委託者の仕様に従い製品製造を発注するものです。

委託者は、製造委託契約を締結することで、受託者に対し製品の製造・生産をしてもらう権利と、製造・生産の対価として報酬を支払う義務


【契約書のポイント】

・製品仕様

・仕様変更

・秘密保持

・発注方法

・再委託の可否

・納品、検収の方法

・製品に欠陥があった場合(契約不適合)の対処法

・支払い


【契約書締結にあたってのポイント】

■製造物の仕様

製造・生産対象となる製品仕様の明確化

・契約書とは別に仕様書を作成

・仕様書の変更方法や変更による納期の調整方法


■原材料などの扱いに係るポイント

・何を、いつまでに、どのような方法で、どこに、何円で(無料で)提供するのか。

・委託者が原材料の品種や仕様を指定する場合、その旨を定める。

・提供する原材料の目的外使用の禁止

・受託者としては、原材料価格の決定権→原材料の購入を強制させられないこと


■納品・検収方法

・検収の期限

・契約不適合品の追完、代金減額、損害賠償、契約解除などの対処方法

・受託者としてのポイント

☑検収終了通知がない場合には合格とみなす。

 ☑検収に合格した後、不適合が見つかっても責任を負わない。


■支払額・タイミング

・支払いの締日・支払日を明記

・支払日が休日・祝日となる場合に支払日をいつにするか明記


■再委託の可否

・許可なく再委託することを禁止する旨を規定


■仕様変更

一方からの通知で行えるのか、同意が必要か、書面によるのか






閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page