​事業承継

​事業承継というと、贈与税、相続税の関係から税理士を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、 事業を引き継ぐにあたり、官公署の許認可が必要不可欠な場合が多く、行政書士の力が必要です。
 
また、事業承継には多額の資金が必要となります。資金面からも、行政書士は、”補助金の申請”、”公的融資申し込み”などを活用し、サポートしております。
補助金には、事業承継の為に事業承継補助金があります(その他の補助金も活用出来る場合があります。)。
事業転換や経営革新などに取り組む中小企業者を対象としたもので、適切な手続きをし、採択されることで資金補助を受けることが出来、資金面で負荷の軽減に繋がります。
参考までに、M&Aには次のタイプが適応されます;
Ⅱ型:事業再編・事業統合支援型 
450万円≧(Ax1/2)+450万円≧(Bx1/2)+600万円≧(Cx2/3)
*各数値は最大値、A: 原則枠、B: 事業転換上乗せ、
C:生産性向上枠 (2020年の規定)
 
当事務所でも、助成金、補助金の申請、許認可業務を中心に、他士業と連携を取りながら、 ワンストップオーダーで事業承継を進めて参ります。 小さなことでもお気軽にご相談下さい。補助金の申請だけでも歓迎です。